ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

お茶の間鑑賞映画   <4月第1週>


『グッドモーニング・プレジデント』   <WOWOW> ★★★
    2009年/韓国  【監督】チャン・ジン
3代にわたる韓国大統領3人を描くオムニバスコメディ。
初めの話が一番面白かった。それにしても日本の描写は相変わらずだな~(苦笑)


『アジャストメント』   <WOWOW> ★★
    2011年/アメリカ  【監督】ジョージ・ノルフィ
人々の運命が超自然的存在の何者かによって支配されていることを知ってしまった男の物語。
あまりにもつまらなくて、★1つでもいいか・・と思ったけれど
運命調整局の職員たちの仕事っぷりがあまりにアナログで微笑ましかったので、彼らに免じて★2つ。


『アンノウン』    <WOWOW> ★★★
    2011年/アメリカ   【監督】ジャウム・コレット=セラ
交通事故の昏睡から目覚めると見知らぬ他人が自分として存在していた・・・
突っ込み所満載ながらスピーディーな展開で面白かった。
ただあのラストは納得出来ない。悪いことしたらやっぱりそれなりの罰は必要だと思うわ。


『カントリー・ストロング』    <WOWOW> ★★★★
    2010年/アメリカ   【監督】シャナ・フェステ
再起を図るカントリー・ミュージック界の元スターと彼女を取り巻く人々の人間模様。
グウィネス・パルトロウの歌がプロ並みなのは有名だけれど、
ギャレット・ヘドランドとレイトン・ミースターまであんなに歌えるなんて!!
カントリーの人気シンガー、ティム・マッグロウをあえて歌わせないのも、なんて贅沢!
[PR]
by hasikkoami | 2012-04-08 21:59 | お茶の間鑑賞 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード