ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「短くて恐ろしいフィルの時代」

d0098286_8462369.jpg
ジョージ・ソーンダーズ【著】 岸本 佐知子【訳】
角川書店 角川グループパブリッシング〔発売〕 (2011/12/31 出版)

小さな小さな「内ホーナー国」とそれを取り囲む「外ホーナー国」。国境を巡り次第にエスカレートする迫害が、いつしか国家の転覆へとつながって…。前代未聞のジェノサイドにまつわるおとぎ話。


すっごく不思議で、すっごく面白くて、すっごく怖い話だった。

登場人物(と言っていいのか分からないが)は皆
その姿形は我々人間とはかけ離れているけれど、その内面はあまりにも人間的。
強くて、弱くて、愚かで、残酷。

143ページの中篇ながら、とても多くのことを考えさせられる。
[PR]
by hasikkoami | 2012-02-29 08:51 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード