ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『キツツキと雨 』

d0098286_1712361.jpg
http://kitsutsuki-rain.jp/
2011年 日本
上映時間 129分
監督 沖田修一


雨でも…

きっと晴れるさ。




いいなあ...好きだなあ...こういうの。

笑って、ちょっぴり泣けて、元気が出る。

ちょっと大げさかもしれないが、映画愛と人間愛に溢れていて

素直に 「ああ、良い映画だった♪」と思えた。


d0098286_1713561.jpg
兎に角、間が絶妙


d0098286_17141055.jpg
初めはB級どころかC級としか思えない劇中のゾンビ映画も
次第に「案外面白いかも・・・」と思い始め
最後には「完成品が観たい!」とまで思わせるのは流石。


それにしても、すでに次作を撮ってるってことは、田辺監督ってば売れっ子。(笑)


<満足度> ★★★★☆


本日の気になる脇役

d0098286_853221.jpgエキストラさんかと思ったら
食事のお世話もしていたからスタッフさん?役
森下能幸

兎に角出演作多数。大抵チョイ役ですが
偽ロボジー@『ロボジー』でもいい味出してました。
今回のゾンビ姿での「ファイト!」も最高♪
ヌメ~っとした感じに思わず和む(?)私的癒しの脇役筆頭株。
[PR]
by hasikkoami | 2012-02-19 17:18 | 映画館 | Comments(4)
Commented by p_giacomo at 2012-02-19 20:22
なんということもない日常の延長みたいな内容だけど、気持ちが惹かれる話でした。
役所広司はさすがの演技だし、お気に入りの高良健吾も愛すべき息子で満足度は高かったです。
ところで、あみさん得意の脇役への感想はどうでしたか?
私は助監督の古舘寛治が別の作品からの影響からか、なし崩し的に影響力を持ってしまうようで恐怖感を持って観ていました。
Commented by hasikkoami at 2012-02-20 09:00
★ p_giacomo さん、
どうってことない話なんですけど、気持ちのいい映画でしたよね。
そう言えば、沖田監督の次回作は高良健吾くん主演で「横道世之介」だそうですね。これまた楽しみです^^

>古舘寛治
出演作はそれほど多くないのに仰るとおり影響力ありますよね。
ただ今回は脇と言うよりほとんど主要キャストだったので見送りました(笑)
しかし折角のリクエストなので(大いなる勘違い)別の俳優さんで記事を追加しておきました(笑)
Commented by mariyon at 2012-03-05 07:26 x
2人の掛け合いがとにかく楽しくて、最後まで笑えました。笑うと言っても、なんて言うか、あるあるとか、そうそう、みたいな、くすくす笑い。
面白かったです。
エンディングでちょっとだけでいいから、c出来上がり映画流してほしかったです。
Commented by hasikkoami at 2012-03-05 10:03
★ mariyon さん、
二人の掛け合いは本当に楽しかったですね。
観ていてとても幸せになれる作品だったと思います。

>出来上がり映画流してほしかったです
ですよね~!それに次の作品も気になります(笑)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami