ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「漁港の肉子ちゃん」

d0098286_8482849.jpg
西 加奈子【著】
幻冬舎 (2011/08/31 出版)

男に騙されて、たどりついた北の町。
太っていて、不細工で、とても明るい私のお母さん、
肉子ちゃんは、港の焼き肉屋「うをがし」で働いている…。


笑って...笑いながら泣いて...また泣いた...

ぎゅーーーって抱きしめたくなるような、愛おしい愛おしい作品だった。

それに、このお話の主人公喜久子ちゃんは小学生ながらかなりの読書家で
作中に色々な小説が出てくるのだが、その使い方が素晴らしい!
サリンジャーを「なんとか戦隊の名前みたいやなっ!」と言っちゃうセンスもステキだが
トドメは何と言っても司馬遼太郎の「峠」!
まさか「峠」でお腹痛くなるほど笑うことになるとは思わなかった(笑)
[PR]
by hasikkoami | 2012-02-02 08:51 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami