ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『ロボジー 』

d0098286_9103254.jpg
公式サイト
2011年 日本
上映時間 111分
監督 矢口史靖

変形しない。
戦わない。
働きもしない。
そんなロボットに
日本中が恋をした――。




普段は平日ばかりなので日曜日の映画館は久しぶり。
家族連れから年配のご夫婦まで、幅広い客層でほぼ満席の場内は笑い声で溢れていた。

だから、楽しい作品だったとは思う。
ただ、滑稽なまでの前向きさとラストの爽やかさが魅力の矢口作品にしては
今回の主人公たちは前向きでも爽やかでもないのが不満と言えば不満。

彼らがしていることは結局のところ不正行為に他ならないし
ラストもオチとしては面白いけれど、そこには反省も成長(はその前の段階では多少あったと思うが)も見られず
笑いながらも、心の中にモヤモヤとしたものが残った。
(これが矢口監督じゃなかったらそうは思わなかったかもしれないが)

まあ、コメディにそんな正論かざしてどうするよ?と言われればそれまでなんだけどね^^;


<満足度> ★★★
[PR]
by hasikkoami | 2012-01-23 09:16 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード