ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

お茶の間鑑賞映画   <1月第3週>

『愛する人』  <WOWOW>  ★★★★
   2009年/アメリカ/スペイン  【監督】ロドリゴ・ガルシア
37年間互いを知らずに生きてきた母と娘のヒューマン・ドラマ。
メインはナオミ・ワッツとアネット・ベニングだけれどこれも一種の群像劇と言えるかな。
ロドリゴ・ガルシア監督は孤独を抱えて生きる女性を描くのが本当に上手い。


『しあわせの雨傘』  <WOWOW>   ★★★☆
   2010年フランス  【監督】フランソワ・オゾン
フランソワ・オゾン監督とカトリーヌ・ドヌーヴによるヒューマン・ドラマ。
観ている時はそれほど面白いとは思わなかったのに
ラストのカトリーヌ・ドヌーヴの歌とそれにあわせて体を揺らす夫と孫たちを見ていたら
何だかしみじみと良い作品だったな~と思えてきた。


『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』  <WOWOW>  ★★★★☆
   2009年イギリス  【監督】サム・テイラー=ウッド
ビートルズ結成前の若き日のジョン・レノンを描いた青春映画。
若き日のジョン・レノンを描いた作品であると同時に彼の二人の母を描いた作品でもある。
ジョン役のアーロン・ジョンソンはもちろん、この二人の母が凄く良かった。
『ラブ・アクチュアリー』のトーマス・サングスターくんがポール・マッカートニー役で出ていたのも嬉しい。
[PR]
by hasikkoami | 2012-01-23 08:32 | お茶の間鑑賞 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami