ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『The City of Your Final Destination』   < UK版DVD >

d0098286_8241972.jpg
アメリカ公式サイト
2007年 アメリカ
上映時間 117分
監督 ジェームズ・アイヴォリー

先に読んだピーター・キャメロンの「最終目的地」
すでに映画化されていることは知っていたが
本を読むまでは特別興味があるわけではなかった。
しかしあとがきに公式サイトのアドレスが載っていて
覗いてみたら中々良い雰囲気で俄然観たくなり
輸入版DVDでの鑑賞。



物語はカンザスに住む大学院生が、ある自殺した作家の伝記を書く公認を得る為
南米ウルグアイに住む作家の遺族を訪ねるところから始まる。

作家の妻キャロライン、愛人アーデンと娘ポーシャ、作家の兄アダムと恋人ピート
一見穏やかだが微妙な緊張関係で成り立っていた彼らの生活が
大学院生オマーの出現により少しづつ変化していく様子が、美しく叙情的な映像と音楽で綴られる。

キャロライン役のローラ・リニー、アーデン役のシャルロット・ゲンズブールなどキャストも良い。
特にアンソニー・ホプキンス演じるアダムは完璧にイメージ通りで、優雅な台詞回しには思わず聞き惚れる。

d0098286_8263371.jpg
メインはこの二人のラブストーリーなのだが

例によって脇が気になる私のイチ押しは真田広之
d0098286_8265699.jpg
原作の無垢な28歳タイ人ピートも魅力的だが
40歳日本人(何故か徳之島出身)の真田ピートの
歳相応の落ち着きと時折見せる無邪気さもそれに劣らず魅力的。
見事な手綱捌きと、『眠れるヘルマプロディートス』を思わせる美しい裸体も披露。

d0098286_8271640.jpg
原作のアダムとピートからは確かな愛情を感じつつも主従関係の匂いがしたが
映画の彼らからは深い愛情と共に、25年の歳月に培われた深い絆と
二人の関係が今や平等であることが感じられ好感が持てる。


派手さは無いが暖かな余韻に包まれる良い作品だった。
2009年東京国際映画祭で特別上映されたのみで、日本公開の話もDVDスルーの話も聞かないのが残念。
※追記:2012年10月6日より全国順次公開予定。公式サイト

<満足度> ★★★★
[PR]
by hasikkoami | 2012-01-19 08:40 | お茶の間鑑賞 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami