ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「きつねのつき」

d0098286_8265835.jpg
北野 勇作【著】
河出書房新社 (2011/08/30 出版)

悪夢の事故が町を呑み込み、その直後、春子は生まれた。私は人の面を身につけながら、私と妻と娘、3人の家を守る。そう決めたのだ…。震災後の世界に贈る、切ない感動に満ちた物語。


「珍しく可愛らしいの読んでるね」

表紙を見て長男が言った。

「そう思う?でもほら・・・」

そう言って私が見せた裏表紙に彼は一瞬固まった。

そこには目玉と歯がふわふわと漂っていた・・・


こんな可愛らしい顔(表紙)して
これは紛れも無くホラーだった。
そしてとびきり優しく切ないファンタジーでもある。
[PR]
by hasikkoami | 2011-12-12 08:31 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。