ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『ステキな金縛り』

d0098286_932535.jpg
公式サイト
2011年 日本
上映時間 142分
監督 三谷幸喜


証人はただ一人、

落ち武者の幽霊。




三谷作品は先日wowowで『ベッジ・バートン』と『Short cut』を観たばかり。
どちらも観ている間は大いに(いや、『Short cut』はそこそこか)笑ったのだが
鑑賞後、単純に「あー面白かったー!」とならなかったのは
三谷作品に“その場限りの笑い ”以上のものを求めてしまうからなのか・・・。

で、今回も面白かったには面白かったのだけれど、その面白さが
完全に 脚本<役者 になってしまっているのが少々残念。
確かに個性の強い役者さんはその存在だけで十分笑いを取る事が出来るが
それよりもやはり、脚本の面白さで笑わせて欲しいと思う。

でもまあ、これだけ豪華な俳優陣を一堂に楽しめたんだからヨシとするか!(ってあんた何様!?)

『ベッジ・バートン』を見たばかりなので
浅野和之さん(旅館「しかばね荘」主人)が奥さんを呼んだ時は
階段の上から女装した浅野さんが降りて来るんじゃないかと
ワクワクヒヤヒヤしたが、流石に映画でそれは無く、かなり少し残念。

小林隆さん(裁判長)も可愛かった。
中村靖日さんともう御一方(名前分からず)と並ぶ裁判官席は今法廷のオアシスよ。

それにラブの声が山ちゃん(山寺宏一)って豪華過ぎるにも程があるでしょ!

d0098286_9343023.jpg
しかし何と言っても一番の収穫は
マルチェロ・マストロヤンニばりの
純白のスーツに身を包んだ小日向さん♥


フランク・キャプラの話で「私は『素晴らしき哉、人生!』の方が好きだが・・・」
と言った時は思わず「私もー!」と叫んだわよ!(心の中で)
裁判官席の前でポーズ取りながら座ってるとことか
検事席にしなだれかかってる(?)とこなんて・・・ああ、セクシー過ぎる♥


<満足度> ★★★☆
[PR]
by hasikkoami | 2011-11-09 09:44 | 映画館 | Comments(6)
Commented by mariyon at 2011-11-09 15:57 x
おもしろかったです!ほんとうに。
笑えたし、眠くならなかったし、楽しかった。

ただ、役者さん豪華すぎますよね、マジ。
ある意味、これだけ贅沢な使いかたしたら
そこで笑えなきや問題…みたいな。

映画だからこそできる豪華さ。
舞台では絶対無理ですもの。
あっ、でも、先日やってた「ステキな隠し撮り」も思わず見ちゃったんですが、やっぱ、うまいなって思います。だから、監督の周りにこれだけの役者さんが集まるんでしょうね。
Commented by p_giacomo at 2011-11-09 16:35
> 完全に 脚本<役者 になってしまっているのが少々残念。

あながちそうとも言えないように思います。
脚本がつまらなければ役者の演技が生かせません。
その端的な例がNHKの大河ドラマで、豪華キャストを揃えながらも脚本がお粗末でまったく面白くないですから。
Commented by hasikkoami at 2011-11-10 08:58
★mariyon さん、
>笑えたし、眠くならなかったし、楽しかった。
私もです!
それなのにこんな辛口って・・・
ホント、なんて贅沢言ってるんでしょうね私。反省しなきゃ^^;

>映画だからこそできる豪華さ。
主役級の人達をこれだけ集めることができるのも三谷監督の凄さですよね。

>「ステキな隠し撮り」
あーん、見逃してしまいましたー!;;
Commented by hasikkoami at 2011-11-10 08:58
★p_giacomo さん、
>脚本がつまらなければ役者の演技が生かせません。
仰るとおりですね。
芸達者な人達ばかりなので面白くて当然、みたいに思っていましたが、
それも優れた脚本があればこそ、ですものね。
私はどうも好きな監督にはつい辛口になってしまう傾向があるようで
つい「もっと、もっと」と求めてしまうみたいです^^;

大河ドラマはもう20年以上まともに見ていないのですが
そんなに面白くないのですか?勿体無い話ですね。
Commented by オレンジ at 2011-11-11 15:11 x
久しぶりにお腹痛くなるくらい爆笑&シミジミ泣いてきました~。ワタシ的に今年イチバンの映画かも知れません。ワタシも、優れた脚本&演出あってこその豪華俳優たちの快演だと思います!

>階段の上から女装した浅野さんが降りて来るんじゃないか
同じくです! この夏ひとつの夢叶って初めて生で観た三谷さんの舞台が「ペッジパードン」だったのですが、主役たちが霞んじゃうくらい(あ、深っちゃんはよかったけど♪)の浅野さんの独壇場でしたもんねっ!

横ですが、「ステカク」のほうは見逃しても大丈夫♪(毒)。 あっ“どうも好きな○○にはつい辛口になってしまう傾向”があるのは、あみさんと一緒だわー(笑)
Commented by hasikkoami at 2011-11-11 19:59
★オレンジさん
おおー!生「ベッジバートン」ですか!
あの浅野さんの1人11役を生でご覧になったとは、なんと羨ましい!

>腹痛くなるくらい爆笑
実は・・・
私が観た映画館では、その時の客層がたまたま悪かったのか
信じられないことにまるでお通夜のような静けさだったんですよ!
私はその中で声を殺して笑わなければならず・・・
それが今回の消化不良につながったのかもしれません。
もちろん“どうも好きな○○にはつい辛口になってしまう傾向”も関係してはいますが。

>「ステカク」
一瞬何のことか分かりませんでした。
『ツレがうつになりまして。 』を観に行った時に
窓口のおねえさんに「はい、『ツレうつ』ですね♪」と言われた時みたいです(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。