ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「まさかジープで来るとは」

d0098286_8345023.jpg
せきしろ 又吉 直樹【著】
幻冬舎 (2010/12/15 出版)

妄想文学の鬼才とお笑いコンビ「ピース」の奇才が詠む、話題の自由律俳句集第2弾。センチメンタル過剰で自意識異常な自由律俳句607句、散文15篇を収録。


ちなみに自由律俳句集第1弾の
「カキフライが無いなら来なかった」は(近所の)図書館に無く未読。
大体図書館も何で第2弾から入れるかな~?ーー;

二人とも凄く不思議な面白さを持った人だ。
ゲラゲラでもクスクスでもない。
ニヤニヤ...?ニマニマ...?う~ん・・・何とも形容し難い面白さ。

途中に挟まれた散文や写真もこれまた不思議な味わいで
私が特に気に入ったのは
通用口らしきドア横に張られた一枚のプレートを写したもの。
社長が悲しむので
ゴミは正しくだしてください
      社員一同より

社長、愛されてるなぁ...
[PR]
by hasikkoami | 2011-11-01 08:39 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。