ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『ミッション:8ミニッツ』

d0098286_2016396.jpg
公式サイト
20111年 アメリカ
上映時間 93分
監督 ダンカン・ジョーンズ

警告:

このラスト、

映画通ほどダマされる。



長編映画デビュー作『月に囚われた男』が非常に面白かったダンカン・ジョーンズ監督の2作目
と言う事で期待していたが、これまた期待に違わず面白かった。
「映画通ほどダマされる。」と言うコピーにある意味まんまと騙されたとも言える。
確かにハラハラドキドキの展開ではあるがこの作品の素晴らしさは
騙すとか騙されるなどと言う陳腐な話ではなく、人間ドラマとしての魅力にあると思う。

何か書くと全てネタバレになってしまいそうで何も書けないのが残念だが
哀しくて切ないけれど不思議と優しい余韻が残るのは「月に囚われた男」とも共通し
これがダンカン・ジョーンズ監督の色なのかな。


<満足度> ★★★★☆
[PR]
by hasikkoami | 2011-10-29 20:36 | 映画館 | Comments(2)
Commented by mariyon at 2011-11-09 20:42 x
月に~いまだ見ていないんですが、ますます見たくなりました。
この妙なタイムパラドックス感、すごく面白かったです。バーチャルな記憶の中にいたはずがいつの間にか現実になっている。しかも、その未来は今まで見ていた現実の延長なのか?別のものなのか?いろいろ考えることができて、楽しかったです。久々のジェイクでしたが、やっぱ、うまいなって思いました。
Commented by hasikkoami at 2011-11-10 09:00
★mariyon さん、
面白かったですよねー!
『月に~』もお薦めですよー!是非!

いきなりあっちの世界に放り込まれるスティーヴンスの混乱が
そのまま見ているこちらにも伝わって
「うお~~><」となるのですが、それがまた面白くて(笑)

>ジェイク
『ブロークバック・マウンテン』から『プリンス・オブ・ペルシャ』まで
幅が広いと言うか、ホント何やっても上手いですよね。
普段ラブコメはあまり観に行かないのですが
アン・ハサウェイとの『ラブ&ドラッグ』にはちょっと興味があります。
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami