ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「月の上の観覧車」

d0098286_9332964.jpg
荻原 浩【著】
新潮社 (2011/05/25 出版

大切な誰かの面影は、いつも後悔の記憶の中…。月光の差し込む観覧車の中で、愛する人々と束の間の再会を遂げる男を描いた表題作ほか、繰り返せない時間の哀歓を描く短篇集。


決してハッピーエンドではないけれどじわじわと心に沁みる話が多かった。
しかしそんな中で異色だったのが「レシピ」。
荻原さん、本当に男?と思うほど女心を分かってらっしゃる!
ゾクリとするラストも巧いなぁ。
[PR]
by hasikkoami | 2011-09-27 09:34 | 図書館 | Comments(2)
Commented by p_giacomo at 2011-10-11 19:38
熟年離婚しても生きて行けるのが女のたくましさですね。
男は妻に捨てられたり先立たれたらすぐに困窮してしまうだろうし、未練がましい生き物ですから。
Commented by hasikkoami at 2011-10-12 08:24
★p_giacomo さん、
女は前だけをを見て、男は後を振り返る、って言うのは昔から言われていることですからね。
それだけ男はロマンチストと言うことでしょうか(笑)
名前
URL
削除用パスワード