ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「おとぎ話の忘れ物」

d0098286_20522715.jpg
小川洋子 樋上公実子
ホ-ム社 (2006/04 出版) (発売:集英社)

忘れられたおとぎ話の中で、オオカミは腹を裂かれ、少女は行き先を見失う。画家・樋上公実子のイラストをモチーフに、作家・小川洋子が紡ぎだした残酷で可憐な物語。書き下ろし競作集。

ああ、なんて素敵。
残酷だけど美しい。
いや、残酷だから美しいのか。
どのお話もそれぞれいいけれど
「人魚宝石職人の一生」の切なさが一番好きだ。
それにプロローグとエピローグがまた素晴らしく
これぞ「おとぎ話」なラストの一文が忘れられない。
[PR]
by hasikkoami | 2011-09-15 20:54 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami