ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「at Home」

d0098286_2071459.jpg
本多 孝好【著】
角川書店 角川グループパブリッシング〔発売〕
(2010/10/31 出版)
そこは人がほんとうに帰るべき場所なのだろうか? 新しい家族、血のつながらない家族、離ればなれに住む家族、再生する家族…。ふぞろいで歪つな4つの家族とそこに生きる人々を描いた物語。

空き巣の父と結婚詐欺師の母に偽造屋の息子。
妻の浮気を疑う娘と義理の父。
借金の為に偽装結婚する男とその外国人妻。
妹の子供を預かる兄と幼い頃に家を出たまま音信不通だった父。

ちょっと普通じゃない4つの家族を描く短編集。
どの話も起承転結がしっかりしていてエンタメ性も十分。
展開はベタなんだけど、そのベタさが
ストレートに心に沁みてきて何とも心地よい。
たまには素直に感動するのも悪くないね。
[PR]
by hasikkoami | 2011-02-12 20:13 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。