ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「かたちだけの愛」

d0098286_9322828.jpg
平野 啓一郎【著】
中央公論新社 (2010/12/10 出版)
事故で片足を切断する怪我を負った女優。偶然、現場に駆けつけたデザイナーは彼女の義足を作ることに。しだいに心を通わせていく2人は、それぞれが見失っていた愛を取り戻そうとするが…。

NHKBSの「週刊ブックレビュー」が好きで欠かさず見ている。
1月8日の放送で紹介された時の合評がとても楽しそうで興味を持ったのだけれど
どうにも私には合わなかったみたい。

とにかく主人公に全く魅力を感じない。
紳士的で道徳的、社会的地位と名声もある。
仕事は出来るし優しいし、言うことなしのバツイチ30代後半。
本来ならば好みです。ええ、かなり好みです。でも全然惹かれない。
相手役の女優も背景がイマイチ見えて来なくて全く感情移入出来ない。
大体30後半の男と29歳の女が「いっくん」「久美ちゃん」と呼び合う時点で私的に完全アウト。
温水洋一の「ぬっくん」はいいけど相良郁哉の「いっくん」はありえん!
「(子供の頃の呼び名の)”いっくん”って可愛い。復活させよう」と言う女も女だが
それを黙って受け入れるなよ!!
「いや、それはちょっと恥ずかしいから・・・」とか言えよ、バツイチ30代後半!!
とマジで突っ込んでしまった。

私にとってはバカップルとしか思えないこの二人の所為で
作品の本質とは別のところで拒否反応を起こしてしまったのが残念。
[PR]
by hasikkoami | 2011-02-03 09:34 | 図書館 | Comments(4)
Commented by まりお at 2011-02-03 10:59 x
새해 복 많이 받으세요^^
すみません、新年のご挨拶とっくに過ぎてしまったので旧暦式でOKということでお許しを。今年もよろしくお願いします。

いつもながら未読なのに昔話を思い出したのでコメント差し挟みます(笑)。元カノに子供の頃に呼ばれていた愛称(書いてみたけど鳥肌立ったので消しますw)で呼ばれてたという男性がいるのですが、聞いた時はあみさん同様にドン引きしましたが、結局その後付き合ってしまった経験があります(爆)。勿論、愛称なんかで呼ばなかったですよ。私の名誉のために申し添えますww

まぁ、この手の感情移入が出来ないと楽しめないですよね。しかし意外と現実はこんな恥ずかしいことがいっぱいあるのかもしれないとも思います(笑)。
Commented by p_giacomo at 2011-02-03 14:00
この番組たまに見ますよ。
といっても、本が目的じゃなくて、司会の守本奈実さんのファンなんですけど。
Commented by hasikkoami at 2011-02-04 08:49
★まりおさん、
こちらこそ新年のご挨拶にも伺わず申し訳ありませんm(_ _)m
これに懲りず、今年もどうぞ宜しくお願い致します^^

未読コメント大歓迎です!
だって読んでる人限定じゃ、このブログ自体全くコメント付かないかと・・・^^;

私も愛称で呼ぶこと自体を否定するつもりはありません。そこに歴史があれば80歳で「いっくん」でも何ら問題はない訳です。「いっくん」と呼ばれていた頃の彼を知らずにそう呼べる、また呼ばせる彼らの気持ちが理解できないのです。
しかしまあ、こんなどうでもいいことに拘る私が実は一番ガキなんだ、とは分かっているんですけどね(笑)
Commented by hasikkoami at 2011-02-04 08:58
★p_giacomo さん、
守本アナ、いいですよね^^
この番組も”児玉清&守本アナ”ペアが一番好きです。
(児玉清が好きだから、と言う理由もありますが・笑)
明日はこのコンビなので楽しみです^^
名前
URL
削除用パスワード