ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「感応連鎖」

d0098286_12564026.jpg
朝倉 かすみ【著】
講談社 (2010/02/19 出版)
159センチ、95キロのからだは歩いているだけで人目を引く。失笑をくいとめたい。あきらめなければならないものが、いかに多いかをわたしは知っている−。美しい「夢の娘」への願望が引き起こす少女たちの変化の連鎖。

4章からなる長編小説だが、各章毎に語り手が変わるので連作短編風でもある。
語り手となるのは4人の女性。
彼女たちの自意識は私にとっては結構共感出来る部分もあって
読んでいてそれほど嫌な感じはしなかったのだが
自分の娘、節子を「セシル」と呼ぶ母和子は心底怖いと思った。
私にとって一番相容れない人種だ。(同じく母となった由季子も)

そう言えば小学校の時、クラスメイトたちに自分のことを「ジュリア」と呼ばせていた子がいたなぁ・・・
(純国産の顔立ちで、「ジュリア」の「ジュ」の字も名前に入って無かったけど)
ああ、怖い、怖い・・・。
[PR]
by hasikkoami | 2011-01-20 12:59 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami