ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『アイアンマン2』

d0098286_1593659.jpg
公式サイト
2010年 アメリカ
上映時間
監督 ジョン・ファヴロー


ヒーローになった男、

トニー・スターク。

次なる試練。




ストーリー、映像、出演者、全て前作よりスケールアップしているのに
何故か物足りなく感じてしまうのは期待し過ぎた所為?
折角のミッキー・ロークの使い方もあれではちょっと勿体無い。
とは言え”不器用アーム”くんも出番は減ったものの
コーヒーをダメだしされてしょげる姿は悶絶ものの愛らしさだし
”執事”ジャービスの落ち着いた物言い(声はポール・ベタニー)はやっぱり素敵。
峰不二子ばりのスカーレット・ヨハンソンと
お抱え運転手ハッピーの監督特権を駆使した大活躍!など見所もたっぷりで
前作ほどではないが楽しめた。
[PR]
by hasikkoami | 2010-06-18 15:14 | 映画館 | Comments(4)
Commented by p_giacomo at 2010-06-18 23:08
第1作が面白かったのは、ありあわせの材料からアイアンマンを作ったことと、その改良型の試行錯誤の過程が興味深く見ていられたからでしょうね。
Commented by hasikkoami at 2010-06-19 20:13
★p_giacomoさん、
そうなんですよ!
あの村の鍛冶屋よろしく、トンカントンカン作ったのがよかったんですよね。
今回はミッキー・ロークがちょっとそんな感じでしたけどね(笑)
Commented by ryomom at 2010-06-30 17:29
すこし中だるみしてる時に、姿を変えたスカーレット・ヨハンソンが登場してくれたので、シャキっとしました (笑)
Commented by hasikkoami at 2010-07-01 10:29
★ばーちゃんさん、
カーレット・ヨハンソンのナイスバディは、監督が特権使いたくなる気持ちも分かりますよね(笑)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami