ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「夜叉桜」

d0098286_20111945.jpg
あさの あつこ【著】
光文社 (2007/09/25 出版)
江戸の町で女が次々と殺された。北定町廻り同心の木暮信次郎は、被害者が挿していた簪が小間物問屋主人・清之介の「遠野屋」で売られていたことを知る。因縁ある二人が再び交差したとき、事件の真相とともに女たちの哀しすぎる過去が浮かび上がった・・・「弥勒の月」に続くシリーズ第2弾。

前作「弥勒の月」は面白いことは面白いが事件のあまりの陰鬱さと
信次郎の人間性に共感できなくて正直読むのが辛かったし後味も悪かった。
今回は信次郎が嫌なヤツなのはそのままだけれど
メインが清之介に移ったお陰で前作ほど苛々せずに読めた(笑)
話の方も切なくて辛いけれど読後感は悪くないのでまだ救われる。
[PR]
by hasikkoami | 2010-05-25 20:12 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami