ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「Another」

d0098286_21314889.jpg
綾辻 行人【著】
角川書店 角川グループパブリッシング〔発売〕 (2009/10/30 出版)
恒一が転校した中学校のクラスは何かに怯えていた。不思議な存在感を放つ美少女に接触しても、謎は深まるばかり。そんな中クラスメイトが凄惨な死を遂げ、未曾有の恐怖が幕を開けた…。

図書館の窓口で渡された時は、他の本の倍はありそうな厚さに
期限内に読みきれるか不安だったのだけれど
いざ読み出したらそれこそ止められない止まらない・・・で結局一晩で読んでしまった。

いくらなんでもあれだけ人が死んだら秘密にしておくなんてこと無理だと思うけどなあ・・・
とか腑に落ちないこともあるけれど、ホラーにそんな細かいこと求めても野暮だしね。
[PR]
by hasikkoami | 2010-04-17 21:33 | 図書館 | Comments(2)
Commented by p_giacomo at 2010-04-17 23:06
綾辻のホラーだから、もっとスプラッタぽいのかと予想していたら、意外に控え目でした。
映画だと血が吹き出したり、首が飛んだりするのも平気なんですが、小説は恐怖物が割と苦手なんですよ。
Commented by hasikkoami at 2010-04-18 21:05
★ p_giacomo さん、
ホラー映画はどれほどエグくても所詮は作り物、と割り切れるのですが、小説は自分の頭の中に映像が浮かぶからよりリアル感じますよね。
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami