ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『スイートリトルライズ』

d0098286_11143570.jpg
公式サイト
2010 日本 
上映時間 117分
監督 矢崎仁司



人は守りたいものに嘘をつくの。

あるいは守ろうとするものに。





恋愛小説は苦手なので江國香織さんの原作は未読。
矢崎監督じゃなければ観に行かなかったであろうジャンルなので
実はあまり期待していなかったのだけれど、予想外によかった。
彼らの関係には共感出来なくても
(もっともダブル不倫の話だから共感しちゃまずいか^^;)
「ストーリーを理解しようとしないで、絵画を鑑賞するように感じてほしい」
と矢崎監督も言っているように、独特の空気感が不思議と心地よかった。
[PR]
by hasikkoami | 2010-03-24 11:16 | 映画館 | Comments(6)
Commented by ryomom at 2010-03-26 23:03
見に行かれたんですかぁ。いいな~。
予定はしているのですが、この時期、仕事が忙しいのと、子供の世話とで、まだ見に行けてません。無理すれば行けるのですが、なるべくお値打ちな日にって、けちな考えでいるからですかね ^^;
もう少し上映館が多かったらなって思います。ごく最近近所にできたシネコンでもやらないし...

Commented by hasikkoami at 2010-03-28 21:41
★ばーちゃんさん、
ばーちゃんさんは大森南朋ファンでいらっしゃるから、観に行かれたかしら?と思っていました。
でもこれ本当に上映館少ないですよね^^;
それに私は好きな作品ですが、かなり好みの別れる作品かもしれません。
特に大森南朋ファンは結構複雑かも・・・と思うので、是非ばーちゃんさんの感想をお聞きしたいです。
Commented by orangechocola_103 at 2010-05-18 10:37
今頃ノコノコすみません^^ゞ
コレ実は1ヶ月位前に観て、記事も途中まで準備しときながら結局UPしないままになってます。でもなーんかよかったです、コレ。
登場人物はみなナニ考えてるかわからない人たちばっかりなんだけど、なぜか心地よく許せてしまうフシギな感じ・・(笑)
大森南朋はひたすらかっこよかったし!スーツもカジュアルも!(←そこ?) いえいえ全部(笑)
ところで小林十市って小さん師匠のお孫さん(&花禄さん兄)なんですね! トシも41って(@o@;) てっきり二十代ぐらいのあんちゃんかと思って観てました。相当な童顔ということかしら?大森&中谷より全然年上じゃん!
あ、ココまで語っといて、全然タイプではないんですけどね;;(えーっ!)
Commented by hasikkoami at 2010-05-21 20:49
★オレンジさん、
お返事がこんなに遅くなって申し訳ありません^^;

>なぜか心地よく許せてしまうフシギな感じ・・(笑)
そうなんですよね。彼らのやってることってかなり酷いことなのに何故か心地よく感じてしまう・・・本当に不思議ですよね(笑)

>大森&中谷より全然年上じゃん!
私はさすがに二十代だとは思っていませんでしたが
”大森&中谷”より上だとは思っていませんでした。
それと私は花禄さんの方が好みです(笑)

Commented by ryomom at 2011-01-18 15:59
あみさん、ずいぶんご無沙汰しています。
ずっとチェックさせていただいてたのですが...
今年もたくさんお邪魔せてもらいますね。

ようやくこのDVD、レンタルして見ました。
この夫婦の関係に、特に奥さんの言動になじめず、見ながら何度「ありえん!」と突っ込みをいれたことか...
でも、マンションなんだろうけど一軒家っぽいナチュラルな内装は好きだし、この映画のゆったりとした流れっていうのか、雰囲気はそんなにイヤじゃなかったです。
最後は、この夫婦がなんとなくいい方向へ向かっていくような感じで終わったので、ホッとした感じかな。

大森南朋の、カジュアルもいいけど、そこらへんいそうなすごくナチュラルなスーツ姿、いつ見てもいいですねぇ♪
Commented by hasikkoami at 2011-01-20 08:51
★ばーちゃんさん、

>何度「ありえん!」と突っ込みをいれたことか...
理解も共感も出来ないけれど、不思議と心地良い映画ですよね。
もっとも私はストーリー云々より、矢崎監督の世界を堪能したかったのでそれだけで満足なんですが、ばーちゃんさんは大森南朋を堪能されたようですね(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。