ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「いさご波」

d0098286_18515741.jpg
安住 洋子【著】
新潮社 (2009/10/20 出版)
何があろうとも、歩いていくしかなかった。
お家断絶に見舞われ、藤野親子は江戸を目指した。
艱難辛苦の末、息子の代に前橋で仕官は叶ったが、よそ者ゆえの密命を課された。時代と人生の「波」に揺らぐ武家の生きようを描く秀作群。

時代の波に揺られ、お家の事情に振り回され、
それでも生きて行くしかない彼らの姿は哀切だけれど
凛としていてとても美しい。
[PR]
by hasikkoami | 2009-12-31 18:52 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード