ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

『サイドウェイズ』

d0098286_13175755.jpg
公式サイト
2009年 日本
上映時間 123分
監督 チェリン・グラック


この男たち

抱きしめたくなるほど

情けない




2004年のアメリカ映画『サイドウェイ』のリメイク。
オリジナルはお気に入りの作品なので期待と不安が半分半分。

観る前は、監督もキャストもアメリカ人でオールアメリカロケなんて
それって日本映画なの?って思ったりもしたけど
ストーリーはオリジナルとほぼ同じながら
所々の和風アレンジのお陰か何処から見ても日本映画だった。
ただあまりに日本ぽすぎて
これならナパバレーじゃなくて山梨あたりでもよかったんじゃない?なんて思ったりもして(笑)

人生の折り返し点を過ぎた彼らの台詞は、同年代の私にぐっとくるものも多くて
軽く笑ってしみじみとできる、なかなか面白い作品だった。
ワインに例えるなら(もっとも全然詳しくないのであくまでもイメージ)
リメイク版はさらりと軽い口当たりのフルーティーなワインで
オリジナル版は、濃密で複雑で個性的なワイン、と言う感じ。
私は、ハチャメチャだけど深い味わいの残るオリジナルの方が好きだな。
[PR]
by hasikkoami | 2009-11-15 13:56 | 映画館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。