ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「静かにしなさい、でないと」

d0098286_1625959.jpg
朝倉かすみ/著
集英社 2009年09月

子犬救出劇を自作自演する美少女、カード破産してもロハス生活を続けるカップル…。「わたし」という容れ物の限界に翻弄される人たちの哀しくも可笑しい自意識を描いた短篇集。


あまりにイタ過ぎる自意識過剰な女たち
でも女だったら多かれ少なかれ彼女たちの気持ちが分かるはず。
(私なんて分かりすぎて怖い・笑)
先に北村薫氏の作品を読んだから思うのかもしれないけれど
男が考える女の怖さなんて甘い甘い(笑)
やっぱり女の本当の怖さは女じゃなきゃわからないのかもね。
[PR]
by hasikkoami | 2009-11-14 16:26 | 図書館 | Comments(2)
Commented by p_giacomo at 2009-11-14 17:44
女の怖さと言えば、以前、話題になっていた『イニシエーション・ラブ』を読み、それをつくづく感じたのですが、読んだことはありますか?
Commented by hasikkoami at 2009-11-14 22:24
★p_giacomさん、
恥ずかしながら『イニシエーション・ラブ』は未読です^^;
調べたらいつも利用する図書館にあったので明日早速借りてきますわ!
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami