ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「青空の卵」

d0098286_1532476.jpg
坂木司/著
東京創元社 2002年05月

僕は坂木司。外資系の保険会社に勤めるかたわら、滅多なことでは外に出ない引きこもりの探偵、鳥井真一の助手をしている。期待の新人による、新しいタイプの連作推理短編集。


とりあえずは自活出来てて、近場なら外出も出来て
空いてればスーパーで買い物も出来る・・・
これが「引きこもり」なら私も充分「引きこもり」だと思う(笑)

「引きこもり」の人たちの中にはかなりの割合で何らかの発達障害をもつ人たちがいる
と何かで聞いたことがある。
(主人公の鳥井は発達障害ではなくPTSDみたいだけど)
私の様に実際に発達障害児を持つ親としてみれば
この先息子が「引きこもり」になるかもしれないと言う不安は結構切実で
いろいろと複雑な気持ちで読むことになったんだけど・・・
痛くて辛くて何か無性に腹が立った、と言うのが正直なところ。
でもシリーズ3冊とも借りてきてしまったので、とりあえず最後まで読もうとは思う。
[PR]
by hasikkoami | 2009-09-27 15:33 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード