ブログトップ

図書館の隣の映画館

hasikko.exblog.jp

本と映画と時々音楽

「三人目の幽霊」

d0098286_20245767.jpg
大倉崇裕/著
東京創元社 2001年05月

大手出版社に入社した間宮緑の配属先は「季刊落語」編集部。上司・牧編集長は並外れた洞察力の主。牧と緑が遭遇する事件はどんな結末を迎えるのか…。一味も二味も違う、展開の読めないミステリ連作集。

このところ大倉さんの落語物にちょっとハマっていて、図書館からまとめて借りてきた。
これがデビュー作だそうだけど、いや~上手いですね。
緑と牧さんのキャラクターがいまひとつインパクトに欠ける気もするけれど
福家警部補シリーズも回を追うごとにキャラが立ってきたので次が楽しみ♪
[PR]
by hasikkoami | 2009-08-13 20:26 | 図書館 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

by hasikkoami